2018年 第1次ナメクジ大戦 でございますわよ

 2018年4月13日 金曜日。

 本日は13日の金曜日でございます。私「13日の金曜日」という映画の内容は存じ上げてないのですが、一回りほど年配の先輩方がよくネタにしているので、今回私もネタにしてみました。

 さてお江戸ではツツジが見頃をむかえ、私が住む地域では来週にも桜が開花するという今日この頃。

 一時期あきらめていた行者ニンニクの発芽を確認しました。発芽といってもおそらく1週間程前から芽は出ていたと思うのですが、周囲で草花も一斉に芽を出しており、どれが行者ニンニクの芽か分からなかったのです。行者ニンニクについては先日スーパーで販売されていたものを見て葉の形を確認しましたから間違いないと思います。行者ニンニクの発芽

 「やっぱり生きててくれたのね~」ただし芽を出しているのは2株。私が植えたのは3株ですから1株は駄目だったようです。

 この日は最近目に付くようになったナメクジさん達の活動状況を確認しようと、石ころをひとつひっくり返してみました・・・・・・すると早速いました。去年私の可愛い野菜の苗達を散々食べてくれ、私に挫折感を味わわせてくれた、いわゆる普通のタイプのナメクジです。

 このさき気温が上昇しナメクジさん達が活動しやすい環境になると産卵し個体数を増やしていくそうなので、今のうちにご退散願います。

 さらに石ころをひっくり返していくと・・・・いるわいるわ。どうやらナメクジさん達の活動季節がやってきたようです。ちなみに日中の最低気温は5度を下回る日もあるのですが、氷点下まで下がる日はほとんどなくなりました。仕事開始までまだ時間があったので、一通り石ころをひっくり返して相当数を逮捕。この日のナメクジさんは大半が普通のナメクジさんで、チャコウラナメクジは1匹だけでございました(ただし一瞬ミミズと見間違えるほど太ってました)。また師匠からナメクジは寿命が1年で卵で冬を越し暖かくなると孵化すると教えられたのですが、どう見ても「貴方冬を越したでしょ」と言いたくなるような大きな個体も複数おられました。

 ナメクジを我が家の庭から完全に追い払うのは無理だと思いますが、できる限り生息密度は減らしていきたとい思いますので、今後はナメトールも併用しながら随時ナメクジ掃討作戦を決行していきたいと思います。あとナメクジの活動が活発化し始める時期は桜の花が咲くちょっと前というのも分かったので記録しておきたいと思います。私また1つ成長したような気が致しますわ。

 「ナメクジばかりいじっていると(一応割り箸でつまんでおります)、そのうち「ナメクジ女」などと噂されそうで少々心配でございますわね・・・・・・ってこれでも学生の頃は「太陽 ひまわり 晴れ女」と言われたこともあるんでございますわよ!」

 などと一人でブツブツ言いながら庭の片隅にしゃがみ込みナメクジを摘まんでいた13日の金曜日の早朝でございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました