2017年第4回農作業 でございますわよ~

 6月3日 土曜日 今日は週1回の農作業&ガーデニングの日。昨日のナメクジ被害が意外とショックだったので今朝は朝の4時にナメクジチェック。
 ナメクジという奴は夜行性なのでチェックするなら夕方から朝にかけてがよいのだそうです。被害のあったキュウリをチェックしますが姿は確認できず・・・・・・いえ昨日食害にあい穴の空いた部分がなにやら黒くなってます。割り箸で裏側を確認すると・・・・案の定いやがりましたわ💢
 こう毎日被害に遭うとやはり農薬を使用したくなりますが、まだ我慢。割り箸で取り除いて葉には竹酢液を吹きかけておきました。

 朝食を食べて朝7時から再び農作業開始。まず最初は昨日購入したキュウリを植えます。これで空きスペースは無くなりましたがナメクジ被害にあった苗が気になります。昨日ホームセンターの方に確認したら「今年の苗は現在店頭に並んでいる分で終了になります」とのことでしたので、もしだめだったらカブやほうれん草といった短期間で収穫できる野菜をうえようと思っています。

キュウリの苗

次は悪い虫がついてないか堆肥チェック。山積みにした雑草を鋤簾でこね返しますが出てくるのはミミズのみ。今のところ私を含めて悪い虫はついてないようです。
 雑草を山積みにして自家製堆肥を作るというのは最初は名案だと思ったのですが、いざやってみると色々問題もでてくるもんですわね~。などと考えているとやはりいました「ナメクジ」が。一匹だけでしたので大量発生とか巣になっているといった状態ではないのですが、なにかしらの処置は必要ですね。

 お次の作業は庭の草花の移植。春先に庭のあちこちで青い花をさかせていた「ムスカリ」。葉も枯れ始め球根を堀りあげるタイミングとなってきたのでスコップで球根ゲット。小さいのは処分して大きいのは1ヶ月ほど日陰で陰干しして、どこか適当な場所にまとめて植えます。あちこちに生えていたムスカリを掘りあげたことで少々スペースも空いてきました。

ムスカリ 球根

 

 次は物干し台と畑②の間に生えている花。物干し作業や農作業をするときに誤って踏んづけてしまうのですが、それでも枯れずに頑張っています。母に確認すると名前は分からないが毎年綺麗な花を咲かせるとのこと。可哀想なので全て掘りあげ庭の奥に移植。ちなみに根はショウガのような形をした球根でした。※あとで調べたら「ジャーマンアイリス」というお花でした。

 次は畑①のすぐ脇に生えているバラの木。農作業時に誤って踏んでしまいそうですし、来年は畑①を広げる予定なので本日移設。木自体が小さいので簡単に掘り起こせるだろうと考えていたのですが・・・・・・地中には大きな根・・というより木が。うっかりして写真を撮らなかったので分かりにくいとは思うのですが、地上に出ているバラはこの幹から枝分かれしています。後で母に確認したところ、このバラは昔は大きな木だったのですが、ある日強風で倒れてしまったそうです。後日それを起こして育てたのですが結局本体は枯れてしまったので切断。根元から生えていた小さな枝は生き残こり現在の形になったのだそうです。
 一本の木にも歴史あり・・・ってそんなこと知らなかった私。スコップでかなり強引に掘り起こしてしまったので大分根が傷ついたはず。移植先で元気に育ってくれればよいのですが少々心配です。
 なおバラの木が元々あった場所には懸案事項である自家製堆肥を埋めて土をかぶせておきました。来年畑にする予定ですし、自家製堆肥の量も三分の二ほどになりました。

 そして本日も農作業が無事終了。午前中からビールを飲み農作業で傷んだ体を癒やす私でございました・・・・・・ってまだ嫁入り前なのに大丈夫か?私。

コメント

タイトルとURLをコピーしました