美味しくない毛豆  でございますわよ~

家庭菜園 枝豆 枝豆

 9月20日。慌ただしかった東京出張も一段落し、ここ1週間ほどほったらかしにしてあった毛豆を4株ほど収穫いたしました。ちょうどお隣のSさんの姿が見えたのでSさんにも2株ほどお裾分けしカマキリさんが潜んでいないか、また卵を産み付けていないか注意しながら収穫いたしました。

 毛豆は晩生種だけあって栽培期間が長い分大きな実が沢山実ります。しかも美味い。ビールのお供・・・・・・じゃなくって文学小説を読みながらのお口のお供にピッタリでございます。 

 今回は収穫する時期が若干遅かったのか莢に穴が空いていたり、表面に食害の跡があるのが目立ちましたが収穫量は十分でございました。そんな訳で収穫した毛豆を早速湯がいてその日の夕方に食べたのでございますが・・・・・・・なんかお味が変なのでございます。前回9月11日に収穫した時は甘くて手が止まらないくらいの美味しさだったのでございますが、今日の毛豆は甘さがさほど感じられません。しかも固い。食べられないほどの固さではありませんが、口の中で「プリッ」と弾けるような枝豆特有の食感が感じられません。もちろん市販の枝豆に比べれば絶対に美味しいと思うのでございますが、私が頭の中で描いていた美味しさとはかけ離れていたのでなんともいえない残念感が心を漂いました。 

家庭菜園 枝豆

 味が劣っていた理由は多分「収穫時期が少し遅れてしまった」事だとは思うのでございますが、私の湯がく時間が短すぎたかもしれない事も一応疑っておかなければなりません。今まで湯がく時間は5分ほどだったのでございますが、明日一株ほど収穫してもう少し長めに湯がいてみようと思います。それでも食感が悪いままでございましたらしかたがございません、このまま成熟させて大豆にでもしてみようと思いますわよ。私転んでもただでは起きない性分なのでございますオホホホホホホホ。

 

PS:後日談となりますが、この日毛豆が予想以下の味だったのがよほどショックだったのか、その日はあまり美味しくない枝豆が山のように積まれてテーブルを目の前にして呆然とする夢をみてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました