種まき・芋蒔き でございますわよ~

 2018年3月31日 土曜日。

 3月最後のこの日。水に浸けて芽出し作業中の米を育苗箱に蒔いてみました。育苗箱は冷凍食品が入っていたトレイを使用しましたが、トレイがフニャフニャと柔らかいので中の土が動いてヒビが入ってしまうんですよね~。来年も稲作にチャレンジするようでしたらしっかりした箱を使用したいと思います。

 土は以前購入しておいた稲作用の土を使用。本日始めて開封しましたが、なんていうのでしょうか鹿沼土?のようなツブツブの大きな土で一般的な土とは異なる土でございました。「こんな土でちゃんと根を張ることができるのかしら??」少々疑問に思いながらも種まき終了。

 農家の方が見たらお叱りを受けそうでございますがこれが種まき後の光景でございます。米 育苗

 この日はついでに先日購入した里芋もポットに植えることにしました・・・・・・・・が、種芋が大きすぎて家にあるポットでは入りきりません。里芋 芽出し

 やむなく作業を中断し近所のホームセンターへ。一番大きなサイズのポットを購入し、再び作業開始。すると今度は大きなポットを使っているせいで、育苗用の土が無くなってしまいました。代用できるかどうか疑問ですが、稲作用の土があるのでこちらを代用。里芋 芽出し

 一応全ての種芋をポットに植えて思ったのですが・・・・・・・「仮に全部芽がでたとして・・・・・この子達全員を植えるスペースなんてないじゃございませんことぉ~」

 そうなんです。種芋は全部で12個。私の庭の畑の畝は長さ180㎝で統一していますが、40㎝間隔で植えたとしても一畝で5個がいいとこ、プランターに2個植えたとしても5個ほど余ってしまいます。「いいえ。この世に生まれてきて駄目な命なんてないのよ!」・・・まぁどう対応するかは芽が出てから考えることに致します。全部芽が出る保証もありませんしね。

 なお里芋のポットは自家製温室自家製 育苗箱に全てが入りきらないのでビニールで覆ったプランターの中にもおいておきました。稲作用の土に埋めた種芋もございますし、これからどういう結果となるのか楽しみでございますわ~。里芋 芽出し

コメント

タイトルとURLをコピーしました