私 駄目かもしれません でございますわよ~

 2018年4月14日 土曜日。

 私の住む地域では桜の開花は来週の予定ですが、日当たりの良い場所ではすでに咲き始めた木もございます。

 我が家の庭の草花の成長も著しいものがございます・・・・・・が、その草花に対して全く進展の見られないのが稲、生姜、里芋の3兄弟でございます。

 いずれも温度が原因だとは思うのですが、稲に関しては発芽させたうえで自家製育苗箱に入れて2週間も経過しておりますので、そろそろ芽を出してくれないと困るのですが・・・・・・・っていうより発芽してから2週間も経過して芽が出ないというのは「失敗」ってことじゃないでしょうか?とっても嫌な予感がビンビンします。 

 米作りについては専用の土も購入しある程度先行投資しておりますのでなんとしてでも成功させたいのですが・・・・・・駄目かもしれませんわね😥。

 調べてみると農協で米の苗を販売していることがあるみたいなので、もし失敗だったら近隣の農協に電話して聞いてみよう思いますわ。

 生姜は先日、育苗箱が水浸し状態だったのが判明したので、本日箱の底に水抜き用の穴を空けて土も新しいものを入れ替えました。生姜自体はあの独特のすがすがしい香りを発していたので、まだ生きているとは思うのですが、土が腐敗しドブのような環境に1週間近く埋め殺し状態にされていたわけですから予断は許せません。

 んでもって里芋は相変わらず音沙汰無し。都会に旅立ち連絡を一切よこさない子供の連絡を待つ田舎の母親の気持ちがなんとなく分かってまいりました。

 こんな感じで先が見通せない状況なのですが、畑の準備だけはしておかないといけないけないわけで、本日は先日耕した畑①-1と①-2のスペースに牛糞を混ぜ畝を作ってみました。石灰と籾殻燻炭は先日のpH調査で十分な値となっていたので混ぜてません。特に里芋は酸性の土を好むそうでございますから。

 そして本日も大活躍のikuちゃん型枠。おかげさまできれいな畝を作ることができました。相変わらす良い仕事をしてくれます。けど早くもガタついてきているのですけど・・・・・なんとか今シーズンは持ってもらいたいものでございます。家庭菜園 型枠

 今日はついでに②のスペースも耕しておきました。ここには枝豆やナスを植える予定で日数的にはまだ余裕があるのですが、なんというか勢いで耕してしまいました。家庭菜園 荒起こし

 土の中にはミミズさん達がウジャウジャおられまして、中には「貴方去年生まれたミミズさんでしょ!」と言いたくなるくらい大きなミミズさんもおられました(ミミズの寿命は基本的に1年で冬は卵の状態で越すのだそうです)。

 ②のスペースを耕している時に目に付いたのが異常に根が丈夫な草。はじめは雑草だと思って除去していたのですが、最後に処分しようと一カ所にまとめると・・・・なんかニンニクのようなネギのような香りが致します。あれ?と思い葉をすりつぶして臭いを嗅いでみると・・・・・ニラでございました。自生のニラ

 去年駐車場スペースで世代を重ねていたニラさんから種を採取したのですが、ここにも世代を重ねて生きてきたニラさんがいたんですね~。せっかくですから先ほど耕した畑①の境界沿いを軽く耕し植えておきました。暖かくなってきたら同じスペースに去年採取した種も蒔いておこうと思いますわ。

 それにいたしましてももう駄目かもしれない「米」については来週中にも方針を考えないといけませんかもしれませんわね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました