トマトさんの初収穫・・・・でございましたが・・・・・

トマト 収穫 アオムシ・イモムシ
穴を空けられたトマトさん

 2020年7月29日。6月後半からほぼ1日おきに雨が降り続いている日々が続いておりますが、7月も終わりに近づき、一雨ごとに庭のお野菜さん達が一回りずつ大きく成長してきているように感じます。

 去年は窒素飢餓のせいでほぼ無収穫に終わったトマトさんですが、今年は見事な赤色に染まった大玉のトマトさん達が実りはじめてまいりました。

 雨の上がった今朝方トマトさんをみると2個ほど収穫できそうなものがあったので、収穫する事にいたしました。まずは1個目。若干小さいようにも見えますがよく熟しており美味しそうでございます。次にもう一つを収穫しようと実を手で掴むと何やらヌメヌメします。実そのものはしっかりしておりましたので、雨のせいで滑りやすくなっているのかしら?などと思っていたのでございますが、ハサミで実を切り取りあらビックリ 😯 。なんと実のど真ん中に見事な穴が開いているではございませんか。私的にはかなりショッキングな光景でございました。

トマト 収穫

穴を空けられたトマトさん

 「やっやられましたわ・・・・・・」 

 ヌメヌメしたのは実に穴が開いておりそこから果汁が漏れ出ていたからなのですね~  犯人は分かりませんがおそらくイモムシさん。かなりのサイズと推測されますが犯人は見つからず・・・・・。

 今までトマトさんは比較的害虫の被害は少なく、被害が発生するのは毎年お盆をすぎて涼しくなってきてからでした。それで油断していた事もありますし、以前ブログで書いたようにカマキリさんのクラスターが発生していたことや雨の日が多かった事もあり薬剤散布はあまり行っておらず、特にトマトさんについては先週初めて散布した程度でございます。

 まぁハッキリ言って今回は私のヘマでございますわね。完全に油断しておりました。イモムシさんだって精一杯生きているのです。毎年同じ行動をとるとはかぎりませんものね。前回も反省したばかりでございます、薬剤散布は怠らずにこまめに行っていこうと思います(注:使用している薬剤は有機農法に使用可能な安全な薬剤です)。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました