虫・虫・虫 でございますわよ~

 8月27日 日曜日 本日は天も高くどことなく秋の気配を感じる天気となっております。今年は冷夏のせいでしょうか、ヒグラシ以外の蝉の鳴き声を聞いた覚えがございません。

 すごしやすい季節になってきたと共に昆虫たちの行動も活発化してきているようなので、早朝に害虫予防の「唐辛子酢」をスプレーで散布。相変わらず効果てきめんで、どこに隠れていたのかスプレーした後にはパラパラと無数の昆虫(主にヨコバイ)が逃げてゆきます。
 ふとフルーツトマトを見るとまだ青い実に、小さな穴が空いています。オオタバコガ トマト 被害 どっからどう見ても怪しい雰囲気がプンプンしております。間違いなく虫が実の中に潜んでいますわね。よく見ると穴が空いている実は他にもいくつかあったので、これらはすべて撤去し草木灰作成用の七輪に投入しバーナーで焼却処分しておきました。
 後で調べてみると特徴からして「オオタバコガ」。こちらの御仁で間違いないと思います。
 コンパニオンプランツでトマトの隣に植えているバジルも依然として食害の被害を受けていますがこちらの犯人は未だに分からず。
 キュウリのうどん粉病被害もそうですが、病害虫を完全に封じ込めるという観点からすると唐辛子酢ではそろそろ限界に近づいているようです。天然由来成分を使用した安全な薬剤もあるそうなのでそちらの使用の検討も考えてみようと思います。

 この日は昼になると気温もグングン上がり30度近くまで上昇しました。玉ねぎは気温が高いと発芽しにくいそうなので気になり畑にでてみると、山から下りてきたのか沢山の赤とんぼが飛んでいました。そして黒いアゲハチョウが一匹舞っています。結構大きな個体で一瞬見とれていまいましたが、幼虫は家庭菜園にとっては要注意人物です。
 クロアゲハ(だと思うんですけど)も後で調べてみたのですが、幼虫が食べるのは柑橘類の葉ということで、我が家の庭には柑橘類の草木はないはずなので、花の蜜を吸いにきたんでしょうね。花の蜜を吸うだけなら大歓迎でございますわよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました